OrCAD datasheets

Japanese OrCAD Capture CIS

Issue link: https://resources.orcad.com/i/1003979

Contents of this Issue

Navigation

Page 0 of 2

OrCAD CIS 強力な部品データ管理 OrCAD® CIS(コンポーネント・インフォメーション・システム) は、企業内部品データベースや部品情報への簡単なアクセスを提 供します。OrCAD Captureにシームレスに統合された OrCAD CISは、部品検索に要する時間を短縮し、既存部品を再利用し、 部品情報入力の手間を解消し、部品データの同期性を維持するこ とで、部品の選択/検証プロセスを大きく改善し、生産性を大幅に 向上します。 概要 OrCAD CISは、OrCAD回路設計ソリューションの中核をなしま す。企業データベースに統合され、外部ソースの部品データを回 路設計データベースと自動的に同期し、検証することで、人手に よるデータ入力と判定作業の手間を解消します。それは成功する うえで技術的、ビジネスのどちらにおいても重要なパラメータに 基づき、素早く、そして利用可能なベストな部品を容易に選択す ることで、設計チームへの重要な問題を解決します。 企業内部品データベースや部品情報にアクセスすることで、 OrCAD CISは、部品の検索、選択、検証の各プロセスを効率化し ます。設計に必要な部品は、電気的特性、物理的特性、または製 造元情報をもとに検索し、推奨部品を識別し、設計に利用できる データを自動的に取得し回路図に取り込むことができます。 企業内データベースから部品を直接追加することで、部品表 (BOM)や部品一覧のミスを最小化でき、RoHSや WEEEなどの 業界の指標に沿った部品の使用をコントロールできます。 要旨 • 企業内データベースと付き合わせてプロパティを検証 することで、部品データの整合性を確保します。例え ば、対応するフットプリントや部品番号を変更せずに、 単純に回路図上で抵抗部品の数値を変更するなどの修 正をすると、回路図、PCBレイアウト、BOM間で不 一致が発生することになります。設計にこのような不 一致があると、費用を要し、不必要な基板の手戻りに つながります。 • 部品選択を最適化し、プロジェクトの中間目標、最 終目標を達成します。例えば、廃止した部品や、調 達に時間を要するもの、別のサプライヤの部品を間 違えて選択し使用すると、想定外のコスト増加と遅 れの原因となりかねません。しかも、このような問 題は往々にして製品の製造直前になるまで気付きま せん。 • 企業内の推奨部品の使用を促進することで、企業の イニシアチブと目標を達成します。例えば、設計段 階でコスト情報や企業のイニシアチブ情報にアク セスできないと、高価な部品を導入したり、同じ、 または異なるサプライヤの安価な同等代替品を使 用する機会を逃したりする可能性が高くなります。 • 既知の優良部品のデータを再利用することで、作業 の重複を回避し、効率を改善します。例えば、機能 的に同等な部品が既に在庫品として利用可能なの に、不要、または重複した部品をエンジニアリン グ・ライブラリに登録して在庫に追加することがよ くあります。 1

Articles in this issue

view archives of OrCAD datasheets - Japanese OrCAD Capture CIS