OrCAD datasheets

Japanese OrCAD EDM

Issue link: https://resources.orcad.com/i/1003994

Contents of this Issue

Navigation

Page 0 of 1

OrCAD PCB SI OrCAD ® Engineering Data Management(EDM)は、OrCAD Capture PCB 回路設計ソリューション⽤の包括的な協調設計と設 計データの管理環境です。OrCAD Capture 環境に完全に統合さ れた OrCAD EDM により、エンジニアリング設計チームは、効率 的な設計データ管理から得られた早期市場投⼊利益の利点を受け ることができます。このソリューションは、複数のユーザー間で の設計ファイルの管理に関する課題も解決します。 概要 協調設計作業環境は、設計の再利⽤やベスト・プラクティスを促 進し、さらに重要な点として、設計プロセス全体でエラーを排除 し、すべての関係者を同じページで管理することで開発期間を 短縮します。しかし、協調設計作業にはさまざまな課題もありま す。複数のプロジェクトにまたがる更新やステータスを追跡し、 いつどこで誰が何を変更したかを判断しようとすると、複雑に 絡み合った電⼦メールのスレッドや分散した会議メモを⽣むこと になり、混乱、誤解、間違いにつながりかねません。 複数の技術者が同じファイルにアクセスし、編集したりコメント を加えたりし始めるとデータの整合性も⼤きな問題になってきま す。ファイルを誤って上書きしたり、誰が何を変更しているかを 連絡せずにユーザーがローカルに複数の別のバージョンのファイ ルを管理し始めたりして、その後のプロセスでのさらなる間違い や予測できない設計変更につながります。 OrCAD EDM は、充実した機能により回路設計プロセス全体を通 してデータの整合性やプロジェクトのステータスを管理できます。 使いやすく、直観的なインターフェイスと、強固なデータ管理機 能で、技術者の効率的なグループ作業を可能にし、データの整合 性を常に確実に維持します。 主な機能 プロジェクト・ダッシュボード OrCAD EDM は、チーム、またはより⼤きな組織内で進⾏ しているすべてのプロジェクトに対して強⼒なダッシュ ボードを提供します。ユーザーは、どのプロジェクトが作 業中で、誰が作業しているかをすべて OrCAD Capture の キャンバス内で参照できます。OrCAD EDM で常に簡単に 最新状態を把握でき、コスト増につながるミス・コミュニ ケーションを排除できます。 リアルタイムの追跡とコミュニケーション 全ページのダウンロード、更新、名前変更をタグ付けして 格納することで、誰が何をなぜ変更したのかを設計チーム 内で可視化。管理者、ユーザー、その他の関係者は、プロ ジェクトのステータスのリアルタイムのスナップショッ トをいつでも取得できます。 要旨 • 市場投⼊までの時間を⼤幅に短縮し、並⾏する複数の プロジェクトの管理に関するリスクを低減する統合的 なプロジェクト・ダッシュボードを搭載 • 設計プロセスの固有情報として、完全に追跡可能な変 更履歴を構築し、間違いや作業の重複を排除 • 現在と過去の設計プロジェクトにアクセスし、分離制 御して表⽰することにより、IP の再利⽤を促進 OrCAD Engineering Data Management(EDM) OrCAD ワークグループ向け設計データ管理

Articles in this issue

view archives of OrCAD datasheets - Japanese OrCAD EDM